Kitri 2nd EP『Secondo』リリース記念★独占インタビュー!

今注目のピアノ連弾ボーカルユニット「Kitri(キトリ)」さんをお迎えして2nd EP『Secondo(セコンド)』や『キトリの音楽会#2』仙台公演の魅力をたっぷりと教えていただきました!

  • 更新日:2019/09/05
  • 公開日:2019/09/11
  • お気に入り数:0

「Kitri(キトリ)」とは。

姉のMona(モナ)とHina(ヒナ)によるピアノ連弾ボーカルユニット。
2019年1月、日本コロムビアより、先鋭的なアーティストを輩出してきたBETTER DAYSレーベルのニューカマーとして1st EP「Primo」でメジャーデビュー。全国ラジオ局の多くでパワープレイを獲得し、O.A.で曲を聞いた多くのユーザーにより、先行公開したリードトラック「羅針鳥」MVが話題に。同1月「Kitriの音楽会♯1」と題し、大阪、東京、福岡、熊本で初のワンマンツアーを開催、各会場ソールドアウトに。

今年7月24日にリリースされた、2nd EP「Secondo」も大好評★今作は“決意”から進化を遂げる“挑戦”を体現した1st EP「Primo」の続編とも言える作品。その他、Kitri Live Tour 2019 AW「キトリの音楽会#2」も10月大阪よりスタート!11月4日(月)retro Back Pageで開催する初の仙台公演にして、ツアーファイナルも注目のひとつ。

Kitri“独占インタビュー”!! 

★みやラボ!(以下:み)
ようこそ、みやラボ!へ
お越しいただきありがとうございます!

Kitri(以下:K)
こんにちは、よろしくお願いします。

★み:早速ですが、7月24日にリリースされた、2nd EP『Secondo』についてお聞きしたいのですが、今回のアルバムの特徴や魅力を教えていただけますか?

K:前作の「Primo」では自己紹介という意味で表現させていただきましたが、今回は“成長”や“挑戦”を込めて作りました。実は、曲の作り方から変えていて。いつもは、構成から考えて、Aメロ・サビという順序で決めていくのですが、今回は自分たちで想いのまま、書きたいものを書きました。二人のハーモニーもこれまでに無いものに仕上がっていますし、何度聞いてもクセになるような、そんなアルバムです。

 

★み:「矛盾律」のMVですが、“手でつくる影絵”が凄く印象的でした。MVには、どのようなメッセージや想いが込められているのでしょうか?

K:インドの影絵パフォーマーのAmar Sen(アマル・セン)さんに参加していただいて、“見たことのない街のお祭り”のような世界観をつくり上げています。建物や世界遺産、船など、当たり前に存在しているものも“当たり前”じゃないんだと感じられたきっかけになりました。

Hina:この曲で私は、ギター、パーカッション、リコーダーを担当しました。そういう意味でも、“挑戦”が込めらていますし、色んな音階やリズムが不規則に展開していくところも、中毒性のあるメロディーになっていると思います。

 

★み:10月5日大阪からスタートされる「キトリの音楽会#2」のツアーの見所や、11月4日仙台での公演はどのようなものになりそうですか?

Mona:初の仙台でのライブなのですごく楽しみです。一台でのピアノでの演奏を見たことない方はぜひ見ていただきたいです。

Hina:新しい楽器にもチャレンジする予定ですし、カバー曲も披露します♪後は、2019年冬に全国ロードショーの「“隠れビッチ”やってました。」の主題歌「さよなら、涙目」も初披露しますので楽しみにしててください。

み:それは楽しみですね!

~お互いの性格について~

★み:Monaさん・Hinaさんのお互いのキャラクターをそれぞれにご紹介していただきたいのですが。

・Mona→Hina(Monaさんからみた、Hinaさんについて)
ん~、マジメですかね(笑)どちらかと言うと、几帳面なタイプで、きっちりと物事を完成させていく方ですね。一度やり始めたことはコツコツとやりきるタイプだと思います。後は、生きていく上で力強い面もあって、私が自身が無くて悩んでいるときも“大丈夫”と背中を押してくれて、助けられてます。

・Hina→Mona(Hinaさんからみた、Monaさんについて)
繊細なタイプでマジメで、努力家ですね。

み:お二人とも“マジメ”というキーワードがありますね。

Mona:はい。でも音楽に関してだけですが(笑)

 

★み:Monaさんの“挑戦したいこと”に「他の方への楽曲提供」、Hinaさんは「新しい楽器の習得」とありましたが、その点については現在いかがですか?

Mona:この目標を立てた後に、今プロデュースしていただいている大橋トリオさんに一曲提供させていただいて。実は家族で昔から大橋さんのファンで、“いつか楽曲提供したいな”と思っていたのを、叶えてくださって本当に光栄です。
今後は、どんな方にでも寄り添えて“Kitriらしさ”が両立できるような楽曲を提供していきたいと思っています。

Hina:仙台公演の為に準備しているものもありますが、更にどんどん新しい楽器に挑戦していきたいですね。例えば、笛系の楽器はまだやったことがないので。打楽器のようなリズムをつくる楽器もまだまだ沢山あるので、制限を作らずチャレンジしていきたいです。

~仙台・宮城の印象について~

★み:仙台・宮城の印象はいかがでしょうか?

Mona:人がすごく温かいですね!東北は寒いイメージがあって、それが関係しているのかは分からないですが、(以前宮城を訪れた時)タクシーの運転手さんとか店員さんに優しく話をしていただいて、外は寒いのに人は温かいそんなイメージですね。今回もそれは変わらず感じています。

Hina:前回、牛タンをいただいて、それが本当に美味しくて♪後は、方言が可愛くていつも癒されています。

★み:仙台でお好きな食べ物がありましたら教えてください。

Mona:まさに、牛タンですね(笑)美味しかったです!

Hina:私も牛タンです(笑)

~ファンの方へ~

★み:最後に宮城のファン、そしてみやラボ!をご覧の方にメッセージをいただけますか?

Mona:いつも宮城で応援していただいてる皆様に“ありがとうございます”と伝えたいです。これからより多くの方、Kitriを知らない方にも私たちの音楽を楽しんでいただけるように、色んな作品を提供していって、宮城でも沢山ライブも出来るように頑張っていきたいと思います。これからもよろしくお願いいたします。


Hina:みやラボ!をご覧の皆様、いつもありがとうございます。宮城県大好きですし、またライブで何回も帰ってこられるように、これからもっと頑張っていきたいと思っておりますので、これからも応援よろしくお願いします。

★み:今日はどうもありがとうございました!

K:こちらこそありがとうございました。

この記事に関連するタグ

おすすめトピック一覧へ戻る