Halo at 四畳半『ANATOMIES』リリース記念★独占インタビュー!

Halo at 四畳半の渡井翔汰さん(Vo&Gt)をお迎えし、Major 2nd Full Album「ANATOMIES」や3月に仙台MACANAで開催予定のライブについても詳しくお聞きしちゃます★

  • 更新日:2020/01/22
  • 公開日:2020/01/22
  • お気に入り数:0

『Halo at 四畳半』とは

2012年に結成された千葉県佐倉市出身の4人組ロックバンド。
力強さと温かさが共存する唯一無二の楽曲と圧倒的な歌と演奏でオーディエンスを魅了する今注目のバンドです。

2018年、日本コロムビア/TRIADよりメジャーデビューし、2018年12月から2019年2月にかけて、全国9カ所を回るワンマンツアー「悲しみの朝の愛し方」を開催。2020年1月29日に、2ndフルアルバム『ANATOMIES』発売し、同年2月から全国9カ所でワンマンツアー「無垢なる祈りの宿し方」開催予定!

Halo at 四畳半(ハロアットヨジョウハン)
【メンバー】
Vo&Gt:渡井翔汰
Gt&Cho:齋木孝平
Ba:白井將人 
Dr&Cho:片山僚

■公式オフィシャルサイト
http://haloat4johan.com/

渡井翔汰さん(Halo at 四畳半)独占インタビュー!! 

★みやラボ!(以下:み)
ようこそ、みやラボ!へ
お越しいただきありがとうございます!

渡井翔汰さん(以下:渡)
こんにちは、よろしくお願いします。

★み:早速ですが、1月29日にリリースされる2ndフルアルバム「ANATOMIES(アナトミーズ)」についてお聞かせください。今回のアルバムの特徴や魅力を教えていただけますか?

渡:メジャーとしては2枚目のフルアルバムになるのですが、今までのHalo at 四畳半の音楽のイメージをさらに押し広げる1枚ができたな、と思っています。メジャーデビュー後に出した2枚に関しても“進化を遂げた1枚”とお話をしていたのですが、今回さらにそれを超える進化ができたと実感しています。全12曲個性派ぞろいなので、それぞれを色んな楽しみ方をしていただけるような作品ができたと思っています。

 

★み:今回のアルバムのタイトルにはどのような意味が込められているのでしょうか?

渡:「ANATOMIES(アナトミーズ)」というのは“解剖学”という意味の言葉なのですが。制作期間中に曲を沢山書くにあたって、曲にしたい想いが溢れでてきて。今回僕とギターの齋木が作詞をはじめて担当した曲もあるのですが、この約半年の間に感じていた想いみたいなものを凝縮して詰め込めれた気がします。まさに、制作期間の自分自身を解剖して、そのまま曲に落とし込んだ作品になっています。

 

★み:今回のアルバムの曲に対しての思い入れの曲やエピソードなどはありますか?

渡:大きく分けると2つあるのですが。1つは、今回初めて書下ろしでアニメの主題歌を担当させていた『ナラク』(NHK Eテレ「ラディアン」オープニングテーマ)という曲で。アニメの主題歌を担当するのは初めての経験で、夢でもあったので、念願叶って実現して僕としても感慨深い1曲になっています。
その他、『花飾りのうた』(BSテレ東「江戸前の旬season2」主題歌)という曲は、ドラマの書下ろしでは初めてで、自分としても良い経験ができました。作品が伝えたい想いと自分が伝えたい想いの2つを組み合わせて、Halo at 四畳半というフィルターを通してそれを曲に落とし込むことができて、僕たちにとっても良い経験ができたと思っています。

2つ目が、出羽良彰さんにプロデュースしていただいた、『イノセント・プレイ』と『蘇生』という2曲です。出羽さんとは前回のミニアルバムからご一緒させていただいているのですが、4人以外の音の知識やアイディアをいただくことで、僕らが表現したかった音楽をさらに忠実に再現できたな思っています。

 

★み:作詞作曲される上で渡井さんが気を付けていることやこだわりはありますか?

渡:インディーズの頃から一貫して変わっていないものがあって、それはバンドの名前に込められた意味にも繋がるのですが。ファンタジックな曲調や物語調の歌詞が多いのですが、それだけでは終わりたく無くて…どれだけファンタジックな曲であったとしても、自分自身が生活してる上で感じた、嬉しいことや悲しいことの想いを込めるようにしています。今回のアルバムの中では、情けない想いだったり、苦しい想いを正直に歌詞に起こして、人の体温に近い“生々しさの部分”が表現できたと思っています。

 

★み:渡井さんが一番オススメしたい曲はどちらになりますか?

渡:リードトラックやMVになっている曲は勿論なんですが、新境地としてサウンドにこだわって作った『ヘヴン』という曲ですかね。今までHalo at 四畳半を今まで聞いてくださった方からしたら“新しいな”と思っていただける音像感になっていると思います。デモの段階で僕が作り出した音をそのまま本番の音源でも使ってもらっていて。それだけこだわって作った音だったので、その辺もチェックしていただけたら嬉しいです。

 

タイトルの『ヘヴン』ってそのまま“天国”っていう言葉で、響きに惹かれてタイトルから曲を作ったのですが、天国っていうものを音に置き換えたらどういう音なんだろうな、ってすごく考えて。それを僕なりに再現したこだわりを聞いていただけたら。

歌詞としては、聞いてくれている人に向けてすごく素直なメッセージを書いた曲でもあって、今だから書けたかなって。リスナーに向けて書いた【僕らは迷いながら君の手を引いていけるかな 本当は少しだけ怖いんだ】って歌詞があるのですが、少し前の僕らだったら見せるべきではない弱い部分だったと思うのですが、それもさらけ出せる様になって。それだけ応援してくださっている人に対しての信頼みたいな、全てをさらけ出してそれを受け入れてもらえる自信が付いたタイミングだったので、そういう歌詞が書けたのかなって。

 

★み:メンバーについてお聞きしたいのですが、渡井さんからみたメンバーそれぞれの良いところや性格を教えてください。

渡:では、ギターの齋木から(笑)寡黙な男なんですけど、メンバーの中では音楽的な部分をリードしてくれる人ですね。あと、ボルダリングが凄い好きです!(笑)

白井(Ba)は、髪型が奇抜(笑)片方だけが髪が長くて。メンバーの中で一番社交的ですね。今僕らが関わっている方々との繋がりを一番作ってくれた人ですね。

片山(Dr&Cho)は、一つ年が上なんですが、一番よくしゃべるムードメーカーですね。ユーモアがあって和ませてくれるというか。逆に片山が沈んでいるときは、他にしゃべる奴が居ないので皆沈むというか。良くも悪くもムードメーカーですね(笑)

 

★み:宮城の印象についてお聞きします。宮城のファンの印象はいかがですか?

渡:僕の友達で仙台出身のバンドマンがいるのですが、ボーカルの方が柔らかい人で、その印象もあってか柔らかいイメージがあります。各地お客さんの色が違うのですが、ワ~と盛り上がる地域もあれば、聞き入ってくれる地域もあって。仙台は聞き入ってくれている、というイメージがある地域ですね。
僕自身ワ~と盛り上がるタイプでは無いので、安心します。

★み:ワンマンライブツアー2020内で、宮城公演(3月14日)がありますが、どのようなライブになりそうですか?

渡:今作はチャレンジを重ねた1枚になったと思っているので、ライブにも影響してくると思います。ツアー前から目に見えて成長できるだろうなという予感が今回はあります。是非、Halo at 四畳半が進化していく過程を見ていただけたら。仙台はツアーの中間くらいにあたるので、まさに一番脂がのった良い時だと思います(笑)そこを目撃していただけたら嬉しいです。

 

★み:宮城で好きな食べ物はありますか?

渡:やっぱり牛タンが食べたくなってしまいます(笑)

み:お気に入りのお店とかありますか?

渡:「利久」ですかね。打ち上げとかでも利用したりします。
仙台でライブすると自動的に『牛タン食べたいな~』って気持ちになります。あと、ベースの白井が毎回ずんだシェイクを買いに行きます(笑)

★み:最後に宮城にいらっしゃるファン、みやラボ!をご覧の方々にメッセージいただけますか?

渡:メジャーフルアルバム2枚目ということで、2019年を経て2020年を進んでいくHalo at 四畳半の“今”を濃密に落とし込んだ1枚ができたと思っているので、何より聞いてほしいです。個性的な12曲がそろったという印象もあるので、初めて聞く方でも昔から応援してくれている方でも『この曲はすごく好きだな』と思える曲がきっと見つかると思っていますので、お気に入りの曲を探していただけたら嬉しいです。

Halo at 四畳半がまさに成長していくワンマンツアーに遊びに来ていただけたらすごく嬉しいですし、一緒に楽しめる時間を僕ら自身もすごく楽しみにしています!

 

み:今日はどうもありがとうございました。

渡:こちらこそありがとうございました!

■Halo at 四畳半 ワンマンツアー2020 『無垢なる祈りの宿し方』宮城公演

日時:2020年03月14日(土) 
OPEN 17:30 / START 18:00

場所:仙台MACANA

料金:ADV ¥3,500 / DOOR ¥4,000(別途ドリンク代)
【チケット(一般発売)】2019年12月14日より発売中

【チケット取り扱い先】
・e+
・ローチケ
・ぴあ
・LINEチケット

※詳細は、公式サイトまたはプレイガイドにてご確認ください。
http://haloat4johan.com/live/

MACANA

住所 〒980-0811 仙台市青葉区一番町2-5-1 大一野村ビル B1F
電話番号 022-262-5454
営業時間

イベントによって営業時間が変わります。

店休日

無休

基本情報へ

■「Halo at 四畳半」 ワンマンツアー2020 詳細

Halo at 四畳半 ワンマンツアー2020
“無垢なる祈りの宿し方”

日程:2020年02月22日(土)
会場:札幌 cube garden

日程:2020年02月29日(土)
会場:高松 DIME

日程:2020年03月07日(土)
会場:広島 SECOND CRUTCH

日程:2020年03月08日(日)
会場:福岡 BEAT STATION

日程:2020年03月14日(土)
会場:仙台MACANA

日程:2020年03月15日(日)
会場:新潟 GOLDEN PIGS RED STAGE

日程:2020年03月22日(日)
会場:大阪 BIGCAT

日程:2020年03月29日(日)
会場:名古屋 CLUB QUATTRO

日程:2020年04月25日(土)
会場:Zepp DiverCity(TOKYO)

※各公演2019年12月14日(土)10:00より好評発売中!

★プレゼント情報★ ※終了

日頃『みやラボ!』をご覧の皆様に、Halo at 四畳半の渡井翔汰さんからスペシャルなプレゼントを頂戴しました!
応募内容や方法をご確認の上、ドシドシご応募ください♪

プレゼント内容/
・サイン入り色紙(2名様)
※サインの内容は選べませんので、ご了承ください。

応募期間/2020年1月31日(金)迄

応募方法/
『みやラボ!』公式Twitterをフォローしていただき、Halo at 四畳半の渡井翔汰さんプレゼント記事を、“いいね!”&“リツイート”してください。抽選でサイン入り色紙をプレゼントさせていただきます。
※当選者には、2020年2月1日以降DMでご連絡させていただきます。

●みやラボ!公式twitter
https://twitter.com/miyalabo_jp  

この記事に関連するタグ

おすすめトピック一覧へ戻る