ほやを食べて救う!『ほやラバーズ俱楽部』2019年度会員募集開始!

宮城県三陸の名産のひとつ「ほや」が、震災の影響で消費が減り、大量廃棄されているってご存知でしたか?「ほや」を国内で食べることで救うべく、設立されたのが『ほやラバーズ俱楽部』をご紹介します!

  • 更新日:2019/03/26
  • 公開日:2019/04/01
  • お気に入り数:1

『ほやラバーズ俱楽部』とは?

震災以降、ほやの主な輸出先だった韓国の輸入禁止が続いています。そのため、2016年は7,700t、2017年は5,000tの三陸で水揚げされたほやが消費される事無く処分されているそうです。

そんなほやと地元漁師さんを救うべく、塩釜市にある「ほやほや屋」を運営している「株式会社涛煌(とうこ)」の佐藤社長が、一年を通してほやを食べることで消費を大きく伸ばしの廃棄をできるだけ防ぐことを目的に、2018年4月『ほやラバーズ俱楽部』を発足。初年度は、約100人の会員さんが集まり、年会費を活用して、漁師さんよりほやを直接買い付け。会員さんへの返礼品のひとつ「剥きほや」40㎏、「殻付きほや」約6tの購入へと至れたとのこと。

そして、もっと多くのほやを救うべく、内容がより密になった2019年度『ほやラバーズ俱楽部』の会員募集も開始!その詳細をご紹介します!

『ほやラバーズ俱楽部』2019年度の活動方針

各ほや料理は、宮城県内の飲食店で提供されるよう、社長自らが奔走中!

【通年食べられる事を浸透させる】
ほやの食べ方は、夏にほや酢、と決めつけていませんか?ほやの一番の旬である梅雨時に収穫した物を、水揚げされたその日の朝に処理し冷凍保存。臭みはなく食感や味は新鮮なまま、一年中美味しく食べられるようになっているのです!例えば、冬にセリと合わせて「ほやしゃぶしゃぶ」として楽しめますよ。

【新しい食べ方を積極的に提案し定着させる】
現在開発されたメニュ-の代表は、「ほや唐揚」「ほや天ぷら」。特に「ほや唐揚」は下味不要で、片栗粉をまぶして揚げるだけ。とても柔らかく、ほや本来が持つ塩味とほんのりとした甘みが味わえる逸品!牡蠣フライのように、ほやも唐揚げなら大丈夫という方も多数いるのだとか。

【ワインとマリアージュする】
ほやは、日本酒に合う事は知られていますが、実はチ-ズやバタ-、オリ-ブオイルとの相性も抜群!和食に限らないポテンシャルを持つほやと、宮城のワイン達とのマリアージュに酔いしれること間違いなし。

2019年度『ほやラバーズ俱楽部』会員特典!

ほや収獲体験ツアーをはじめ、ほやほや屋さんで割引、商品プレゼントなど嬉しい特典がたくさん!

【一般会員】年会費10,000円(募集人数500名)
◎募集期間 2019年2月10日~12月31日
◎有効期限 2020年3月末

①特典情報の優先取得
ほや収獲体験ツアー、試食会、料理教室等のイベント情報・優先参加権等、お得な情報をお届け。

②「ほやほや屋」でのご飲食とお買い物の5%割引、および「ほやチ-ズ春巻」2本プレゼント!

③オリジナルノベルティプレゼント
『ほやラバーズ俱楽部』のマスコットキャラクター「ほやベイビー」のステッカーとハンドタオルをプレゼント!

④「剥きほや300g(冷凍)」「ほや串5本」プレゼント(10月~2月頃)

さらに、ほや養殖棚で海中熟成させたワインや日本酒ももらえる【特別会員】枠もあります!
共にに定員に達し次第、募集終了なので、お早めに申し込むのが吉!

『ほやラバーズ俱楽部』のご入会や詳細はこちら

入会手続きはとっても簡単。WEB申込またはFAX、「ほやほや屋」さん店頭にて承り中。

また、「まずはお料理を食べてみたい!」「ほやを自宅で食べてみたい」という方は、「ほやほや屋」オンラインショップまたは、店頭や宮城県内の各飲食店、または、Facebookで随時告知しているイベントにて体験できます。ぜひお気軽に足を運んでみてください♪

◆WEB申込・詳細
http://hoyaloversclub.strikingly.com/

◆ほやほや屋オンラインショップ
http://hoyahoyaya.com/

◆ほやほや屋Facebook
https://www.facebook.com/159129861343036/

ほやほや屋

住所 〒985-0003 塩竈市北浜1-1-7
電話番号 022-355-6106
営業時間

[ランチ]
11:30~14:30
※LO 14:30

[ディナー]
17:00~
※ディナーは1日1組限定、完全予約制

店休日

火曜日

基本情報へ

この記事に関連するタグ

おすすめトピック一覧へ戻る