【麺】
つけ麺でも使用している、太縮れ平打ち麺。もっちりとした食感と程よい歯切れを合わせ持つ。

【スープ】
豚の頭骨ガラを含む豚骨などを圧力鍋で煮詰め、ミキサーで細かく砕き、丁寧に抽出した白湯スープに、醤油ダレ、自家製煮干油を加える。配合を調整することで、煮干の旨味を生かしつつ、濃厚な豚骨に負けない煮干を感じられるスープを実現。

【チャーシュー】
表面を炙った芳ばしい豚バラ肉と、他では珍しい自家製ソーキ肉(豚ナンコツ)の2種のチャーシュー。

【その他の具材】
自家製ニボペースト、味玉、刻みニンニク、キャベツ、モヤシ、スリムネギ

【半ライス】
ラーメンに合う半ライス付き

熱々の湯気の中に立ち込める、重量感のあるいで立ち。モリモリに乗せられた具材、チャーシューで麺が見えない。レンゲを入れてみると、レンゲを入れただけで分かるスープのドロドロ感。

まず、スープをひと口。ふわっと口の中に浸透する豚骨の骨の旨味と、後から押し寄せる煮干の香り。豚骨特有の臭みは一切無し。濃厚なのにくどさは無く、ついゴクゴクと飲み干してしまいそうになる。麺は、平打ちの太縮れ麺。麺の曲線に、スープがまとわり付き、鼻へ抜ける小麦の香りと、ワシワシとしさ歯ごたえが堪らない。

ひと通り楽しんだ後、刻みニンニク、自家製ニボペーストをスープに溶かすように混ぜていく。煮干の風味がグッと増し、程よい苦みがプラス。ニンニクが存在感のあるスープを更に引き立ててくれ、一体感が増す。そして、G系という2文字を感じながらも、箸は止まらない。

ここで忘れてならないのが、特製のチャーシュー。表面をバーナーで炙った芳ばしい豚バラ。箸で持っただけで崩れそうなソーキ肉。ほろほろと身がほぐれ、コラーゲンもたっぷり。これがラーメンで食べれるとは驚きだ。

ボリューム満点のラーメンに添えられた、小ライス。スープに入れても良し、チャーシューをどーんと乗せ、肉丼にしても良し。お好みで、卓上の【オリジナルにぼ酢・ラーメンのタレ・一味唐辛子】で味変を楽しむのもG系の醍醐味。空の丼ぶりを目の前に、今まで体験したことのない「豚骨×煮干」の共存と可能性を知ることができる一杯。これは皆さんにも是非お試しいただきたい。
(取材: ミー)

とんこつニボG/980円
提供期間:2020年10月16日~11月末
※数量限定、スープ無くなり次第終了

煮干しラーメン専門店 千極煮干

住所 〒981-0933 仙台市青葉区柏木2-6-28 コーポ土橋1F
電話番号 022-347-3363
営業時間

ランチ

11:00~15:00

ディナー

17:00~21:30

店休日

不定休

※営業時間についての最新情報は、Twitterにてお知らせいたします。

基本情報へ

「中華そば 仙台煮干センター」は
コチラから▼

仙台煮干センター

この記事に関連するタグ

おすすめトピック一覧へ戻る