【ベガルタ仙台】兵藤慎剛 選手

【Q】兵藤選手は背番号『6』をつけていらっしゃいますが、『6番』という背番号への想いをお聞かせください。

今の『6』になるまでいくつかの番号を付けてきました。小学生ではじめてもらえたユニフォームが17番だったこともあって、マリノスに入団が決まった時に空いていた17番でプロ生活をスタートしました。
その後に、7番に変更して…恐らく、人生で一番長くつけていたのが7番ですね。そして、コンサドーレに入団した時から現在もつけている6番になりました。自分は比較的前目のポジションでプレーすることが多くて、サッカーで6番ってボランチとか守備的なイメージが強いじゃないですか? そんな理由もあってこれまで6番を付ける機会がなくて。最初はとても新鮮でしたね。3年目なので今はだいぶ慣れましたし、想い入れもどんどん深くなってきました。

 

【Q】何か背番号にまつわる、とっておきのエピソードをお聞かせいただけますか?

難しい質問ですね・・・(笑)私生活でも、ロッカーの番号など身の回りの『6』は自然と気になってしまう感じはありますね。それと、エピソードとは違いますけど、「背番号6はサッカーの中でいい番号だぞ」って言ってもらえるように意識してプレーしています。あと、今の17番(富田慎伍選手)が番号譲ってくれなかったので6になったというのもありますね(笑)

~丁度このタイミングで富田選手が横を通りました~

 

【Q】(まだ全日程が終了していませんが)現時点で、今シーズンを振り返っての感想と、来シーズンの目標をお聞かせください。

今シーズン、かなりチームも波がある中、個人的にもケガの影響があって序盤から試合に絡めてない状況があるので、すごく苦しいシーズンになっていると思います。ただ、このシーズンを乗り越えてこそ来シーズンに繋がることも多いと思いますし、チーム全員で何とかしてやろうという気持ちが、もっともっとチームとしても個人としても成長させてくれるとも考えています。
シーズン残り9試合(※9/10取材時点)、個人としてはもっと試合に絡んでいきたいですし、チームとしては、どれだけ勝ち点を伸ばして来シーズンに繋げられるかが大事になってくると思います。今は1試合1試合にフォーカスを当てて全力で戦っていくことはもちろんですし、結果的にその取り組みが来シーズンに繋がると思っています。

 

【Q】兵藤選手がおススメする宮城県内のスポットを教えてください。

ズバリ鳴子温泉ですね。結構温泉が好きでよく家族と行きますが、鳴子のお湯が自分にとって良かったですね。肌に合うっていうか・・・泉質が好みというか・・・。県内の有名どころには大体行っていますよ。


【Q】兵藤選手がお気に入りの仙台グルメを教えてください。

やっぱり、誰もが言うと思いますが、牛タンは美味しいですね。
とりあえずランキング上位のお店は制覇しようと思って、色々な牛タン屋さんに行きました。どこにいっても美味しかったです!

 

【Q】最後にベガルタサポーター、みやラボ!読者へメッセージをお願いします。

スポーツで宮城を盛り上げていきたいという気持ちがありますし、まだまだ東日本大震災の復興や、風化させないための支援をしていきたいと思っています。選手みんなで頑張っていきますので、ぜひユアテックスタジアム仙台に足を運んでいただいて、応援していただきつつも一緒に宮城を盛り上げていきたいと思いますので、これからもよろしくお願いいたします。

選手プロフィール

兵藤慎剛【ひょうどうしんごう】
生年月日:1985年7月29日(34歳)
身長:172cm
体重:68kg
出身地:長崎県
利き足:右
ポジション:MF
国見高校~早稲田大~横浜F・マリノス~北海道コンサドーレ札幌~ベガルタ仙台(2019年加入)

この記事に関連するタグ

おすすめトピック一覧へ戻る