みやラボ!

  1. 白石女子旅 体験篇

白石女子旅 体験篇

冬の白石を訪れる、第5回目の白石女子旅。まず足を運んだのは「みやぎ蔵王白石スキー場」。JR東北新幹線白石蔵王駅から一番近いスキー場です。今回利用したのは「手ぶらでスキー&温泉パック」。東北新幹線往復・鎌先温泉宿泊がセットになって、リフト乗り放題でレンタル用品もついたお得なプラン。スキー場初体験でも、ビギナー向けのコースがあるから安心安心。気軽にウインタースポーツを楽しむことができるのが「みやぎ蔵王白石スキー場」なんです。
初心者をビギナー向けコースに残して、上級者はさらにゲレンデの上へと向かいます。ファミリースキー場として広く認知されている「みやぎ蔵王白石スキー場」ですが、実はビギナーから上級者まで満足できる多彩なコースが充実。平均斜度12度のビギナー向けゲレンデから、遠くに太平洋を眺望できる中級者向けのパノラマコース、最大斜度38度の急斜面がスリリングなエキスパート好みのコース、新雪・深雪を楽しめる「熊落し」の異名を持つ上級者限定コース。入場無料のキッズエリアでは、そり遊びや雪遊びも楽しめるんです。
次に訪れたのは、冬の鎌先温泉。今回の宿泊先です。600年以上も昔、里人が鎌の先で発見したと伝えられる鎌先温泉は、「キズに鎌先」と言われ、奥羽の薬湯として知られています。今では5軒の旅館が建ち並ぶ鎌先温泉。貴重な大正時代建築の木造旅館をはじめ、どの旅館も古き良き温もりを感じる佇まいが特徴的です。今回使用した「手ぶらでスキー&温泉パック」では、この5軒の旅館のうち、最上屋旅館・木村屋旅館・すゞきや旅館の3軒から選んで宿泊することができるんです。どこも魅力的で悩んじゃう!
旅館で一休みした二人。次に足を運んだのは「弥治郎こけし村」です。かわいい顔ややさしい顔が女性や若者の心をくすぐり、ひそかにブームを巻き起こしている「こけし」。宮城県内には、「鳴子こけし」「作並こけし」「遠刈田こけし」「弥治郎こけし」の4つの伝統こけしがあります。その中でも弥治郎こけしは、ベレー帽のような頭とロクロ線による模様が特徴なんです。
さっそく二人は絵付けを体験!絵付け体験は、木地代を含めてひとり700円。しかも、工人さんがしっかりと教えてくれるから安心です。しかし、見るのとやるのでは大違い。筆を持つ手はプルプルと震え、工人さんたちの技の素晴らしさを再認識!ちょっとぶさいくな仕上がりだけれど、自分がつくったこけしに愛着いっぱいです。 今回は、ウィンタースポーツに始まり、温泉、こけしの絵付けと白石の魅力をたっぷり体験したふたり。次に白石にやってくるのは、桜の季節あたりでしょうか?春の白石も魅力がたっぷりですよ!

しろいし観光ナビサイトでは、白石市内の観光スポットの紹介はもちろん、あなたの現在地情報をGPSで調べ、周辺の観光マップや、旅のお役立ちスポット、おすすめ観光ルートをナビゲーションします。

  • ホームページはこちら